USBの利便性|hdd認識しないトラブル|データ復旧業者に修理を任せる

hdd認識しないトラブル|データ復旧業者に修理を任せる

男性

USBの利便性

オフィス

予想外の場所から入りかねないウイルス

データの受け渡しに、USBはとても便利です。挿すだけで簡単にデータのやりとりが出来るのは、手軽でとても便利と言えるでしょう。小さく、持ち運びに容易いUSBはデータのやりとりに向いていると言えます。最近では外付けHDDなども出てきましたが、未だ軽量化・小型化はさほど進んでいません。安価で手に入り、それなりの要領があるUSBは、今や無くてはならないアイテムです。しかし、そのUSBにも問題があります。セキュリティ問題です。やりとりするデータは、外部に漏れてはいけないようなものもあります。しかし、USBを繋いだパソコンにウイルスなどが侵入していた場合、どこからデータが漏れてしまうかわかりません。しかも、様々なパソコンに接続することとなるUSBは、いくら自分のパソコンで自衛していたとしても、他のパソコンでウイルスに感染する可能性もあります。

USBのセキュリティ対策

USBのセキュリティ対策としては、まずは、他人のパソコンに繋いだあとはウイルスチェックをしっかりとすることです。前述の通り、いくら自分のパソコンでしっかりとウイルス対策をしていても、他人のパソコンから入ってしまってはなんの意味もありません。自分のパソコンでセキュリティをしっかりとして、他からの侵入を防ぐことを気をつけましょう。また、最近では、ウイルス感染防止機能のついたセキュリティUSBメモリーがでています。これを使用することで、AutoRunやライトプロテクトスイッチなどのウイルス対策機能を最初から使用することができます。このUSBメモリーを使用することで、他人のパソコンとデータのやりとりをした際、他人のパソコンからのデータ感染というのを防ぐことができます。できることならば十重二十重のウイルス対策をすることで、少しでも危険性を減らしたいものです。